運命は決まっているか

運命は決まっているかどうかと言うことに、最近非常に興味があります。
朝食のとき、いつも2時間くらい夫と話をするのですが、
違う話題から始まっても、最近はこのテーマに行き着きます。
まず、この人生に起こることは単なる偶然なのか、それとも必然なのか。
この点については、すべて必然だという前提で私も夫も、話を進めています。
というのは、二人目の夫と最悪状態になっていた頃、私は残された最後のお金を使って「過去生回帰セラピスト養成講座」受講の申し込みをしました。
受講料は3日間で7万円。何とか生きていけるお金を稼ぎ出せる技術が欲しかったからです。過去生に興味があったわけではありませんでした。
けれど、数日前に定員不足で講座は中止という知らせを受け、「個人セッション」に変更を余儀なくさせられました。個人セッションは2時間で8万5000円。
その頃の私のへそくりが10万円を切っていたので、どうしようかと迷ったけれど、これに賭けるしかないという思いで、受講を決心しました。
そして当日、セラピスト(アメリカ人)と、同時通訳の女性が待つホテルの1室に向かいました。私は過去生回帰をしてもらう気は全くなかったので、私はセラピストになりたいので私の過去生を見たいわけではないことを伝えました。
「それでは、過去にこだわらず、自由にイメージを見ることにしましょう」と言われたのですが、私はあまり感性が鋭いほうではなく、どちらかと言うと左脳人間だと思っているので、イメージが本当にわくのかと半信半疑でしたが、実際やってみるとありありと映画を見るようにイメージが現れました。ひとつが20分くらいのシーンが三つ現れました。といってこのイメージが何かを意味するのか、単なる記憶の寄せ集めか、そのときは全くわからず、有り金のほとんどを費やしたのに、その価値が見出せないまま、その個人セッションは終わりました。
けれど、その直後、現在の夫と知り合い、わずか一年余りの間に、このイメージした三つのシーンで暮らすことになりました。
一つ目のシーンで暮らすことになったときは、なんか似ているなぁという程度でした。
そして次に引っ越したところが、二つ目のシーンとそっくりで、「まさか」になり、
三つ目のところに行ったときは、背筋が寒くなる思いでした。

「私の中に未来はある」
その時はっきりと、確信したのです。
このことから、すべて必然だという前提で私も夫も、話を進めています。
ただ、運命がどのあたりまで決まっているのか、その運命は人の行動や思考によって変えることはできるのか。
このあたりがもっぱらの話題の中心です。
私も夫も日本に生まれ、こんなにフィンランドが好きでも、フィンランド人ではないのです。在留許可は出ましたが、社会保障は受けられません。
だから、フィンランド人のように、「貯金をしなくても未来は心配しなくていい」ではないのです。
その状況で何を思い、何を学ぶのか。
これが私と夫にとっての今の課題なのでしょう。
みなさんは、運命があると思いますか?
あるとするなら、どの辺りまで、決まっていると思いますか?