労働の対価が支払われない、あいまいな社会

最近のテレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の中で、主人公のみくりが「労働の対価」について言っていたことに興味をひかれたので、「人の善意や愛情につけ込む『搾取』について」考えてみることにします。

この種のドラマではあまり扱われることのない『労働の対価』。
私は「夫婦、親子、友達… どんな関係においても労働の対価は支払われるべきもの」と思っています。

          妻の労働対価について

アンペイドワーク(=無償労働)は、主に領域的には育児・介護・家事等の家事労働、ボランティア、農作業・自営業等の家族労働に多く見られ、市場経済の外で行われる人間の生命維持・再生産にかかわる自給自足性の強いもの。その多くが女性によって担われていることから男女間のさまざまな不平等を引き起こしている。(日本女性学習財団 用語解説より)

妻の労働は「ただ(無料)」と相場が決まっている。
かと言ってボランティアでもない。
ボランティアなら、まず、とてもいいことをしている気分になれるし、相手にはありがたがってもらえるし、きちんとお礼の言葉を受け取れる。それに、いつやってもやらなくても本人の自由で、やらなくても誰にも文句は言われない。
妻の労働はそれとは全く違う。
夫も、子供も、夫の両親も、妻が、母が、嫁が家族のために働くのは当たり前で、それがありがたいことだとは誰も思わない。
普通は人をただで働かせることはできない。今騒がれているブラック企業でさえ、給料は支払っている。

          女は奴隷

一家の稼ぎ手が夫で、妻が賃金労働をしていない(いわゆる専業主婦)の場合、この夫は家政婦兼、娼婦兼、ベビーシッター兼、介護師を、無料で雇ったという感覚でいる。
「嫁(こういう男に限って妻とは言わず嫁と言う※1)は、家事一切をするのが当たり前で、子育てをするのも当たり前、夫のSEXの相手をするのも当たり前で、夫の親の介護をするのも当たり前。食わせてやっているのだから」
これが男の言い分だ。

では、この不景気な世の中で、夫だけの収入ではやりくりできない場合はどうか。
妻はパートタイムで働きに出て、家計の不足分を埋める。それでも前述した妻の役割は何も減らない。妻が働きに出ることによって、何かのしわ寄せ(例えば、食事の時間が遅れたり、掃除が行き届かなかったり、etc.)が出ると、
「そんな仕事辞めてしまえ!」と偉そうに怒り出す。

妻がフルタイムの仕事をしていたとしても、家での労働量はわずかに減るかもしれないが、相変わらず家事、育児、介護の責任は妻の肩にのしかかり、夫はどこまで行っても「手伝ってやっている」という立場を崩さないので、妻の過重労働による疲労はどんどん蓄積されていく。
また、フルタイムで働いていれば、当然家事育児にかける時間は減ることになるのだが、そのことによる「罪悪感」まで背負わされる。

このように妻の現状を書き出してみると、なんと不平等な、まるで奴隷ではないかと思ってしまう内容だが、これが日本の常識なのだ。
「常識」になってしまうと、この中の不平等に誰も気づかない。

※11947年(昭和22年)に改正された民法と戸籍法、および全ての法律において、廃止された家制度に基づく下記の概念・言葉・法的地位・法的行為も廃止され存在しない。
嫁、婿、舅、姑、義父、義母、義祖父、義祖母、義兄、義弟、義姉、義妹、実家、婚家、本家、分家、家長、家戸籍、嫁ぐ、嫁になる、嫁入り、嫁にやる、嫁にだす、嫁をもらう、婿入り、婿になる、婿にやる、婿にだす、婚家の籍に入る

 

          対等な夫婦関係

「逃げ恥」の中では津崎が雇用主となり、森山みくりは従業員として家事代行の雇用契約を結ぶ。この場合、みくりの報酬は25歳の一般の時間給を計算した上の雇用条件だった。確かに働いた時間分の対価が支払われているのだから、この条件を夫婦になっても維持すれば、それは対等であるかのように見える。
しかし、現在の日本の社会において女性の賃金は男性の8割である。同じ職種、同じ地位、同じ労働時間であったとしても、男性より2割減なのである。
ドラマの中でも、津崎はフルタイムの家事代行サービスに給料を払えるだけの収入があるのに対し、片や、みくりは歯の治療代も工面できず、さらにアルバイトをしなければならないことになる。(もちろんこの場合の職種は違う。しかし、労働時間は同じである)
このように、たとえ妻の家事労働に報酬を支払ったとしても、男女間で賃金格差がある前提では、夫婦の対等関係が成り立つはずがない。
では、夫婦は、どのような経済体制を作れば対等になれるのか。

          私と夫の場合

一般的な常識に流されて行動するのではなく、わずかにでも違和感を感じたら、それを解消するために私たちは話し合って、新しい行動パターンを構築してきた。
私たちは経済を共にして22年余りが経過する。夫だけが働いた時もあれば、私だけが働いたこともある。また二人で同じ仕事に携わった時期もある。
どのような状況下においても、とにかく収入はすべて一度テーブルの上にのせ、そこから必要経費(食費、光熱費、住居費など)、私と夫の同額の小遣いを差し引き、残りは貯金。という形態をとってきた。

家事労働については、「自分のことは自分でする」を一番重視している。だが、どちらかが相手の分も一緒にやった方が効率的な場合、例えば洗濯や食事の後片付けなどは、「その時、手の空いている者がする」または、「それを得意とする者がする」。
食事はもちろん一緒には食べるが、お互いの好みが違うこともあり、別々のメニューの場合も多々ある。自分の食べたいものを自分で作るというのは、最も合理的な手段だと言える。
このパターンに行き着くまでに紆余曲折はあったが、お互いを尊重する素晴らしい方法だと自負している。

          フィンランドでは

では、男女平等世界ランキングでいつもベスト3に入っているフィンランドではどのように、家庭経済が成り立っているのか。
まずほとんどの女性がフルタイムで働いているので、家事労働は平等に分担されているのが普通のようだ。
なので、「妻の無償労働」という言葉で検索しても何もヒットしなかった。
経済においては、夫と妻の収入に差がある場合、収入の多い方が高額の経費(例えば住居費など)を負担しなければならない。
またどちらかが、無収入の場合、収入のある者が収入のない者に、収入額の半分を支払う義務がある。
これらは法律で定められていて、もしそれが実行されなかった場合、過去にさかのぼった分も要求できる。

日本で社会問題になっている「教育」「奨学金」「介護」「不平等」などを、フィンランドではどのように対処しているのか。どれを調べてもフィンランドでは見事な解決策を考え出され、実践されている。
さすがにフィンランドだと、いつも感動を覚える。

Minä pidän Suomesta yhä enemmän sen takia.
(それだからいっそうフィンランドが好きだ。)

 

 

 

 

広告

女性が離婚に踏み切れない理由

今日の私が住んでいるフィンランドの北の森の日の出時間は午前10時35分、日没は午後2時06分。日照時間がほんのわずかずつですが長くなり始めました。。
と言っても、午前9時半ころには薄明るくなってきますし、今は午後2時45分ですがまだ真っ暗という感じではありません。
2016年も明日で終わりです。
こちらに来てからはお正月料理も作らなくなり、かといってフィンランドのクリスマス料理もしないのでいつもと変わりのない、どちらかというといつもよりゆったりとした時間が過ごせる年の瀬です。

          フィンランドは離婚が多いから幸せ?

数日前、あるサイトで「フィンランド人はとても幸せそうな人が多いけれど、なぜ離婚が多いのでしょうか」という質問に「離婚が多いから幸せそうなのかもしれませんね」とフィンランド人が答えていました。
私もその通りだと思います。
誰でも結婚するときは、この人と添い遂げようと思っているに違いありません。
そして、多少のトラブルや行き違い、思わぬ不幸や苦難があったとしても、お互いに相手を思う気持ちが変わらずに添い遂げられることが一番望ましいことだと思います。
けれど長い人生、考え方や価値観が変わることは自然のことだし、違う人を好きになってしまうことでさえ、これはどうしようもないことではないでしょうか。
理由がどうであれ、結局二人の心が離れてしまった時に、離婚できる環境があるかどうかが大きな分かれ目になってきます。
当然、日本は離婚できる環境は整っていません。以前の投稿でも書きましたが極貧生活を覚悟しなければならないのです。昼夜を問わず働いても貧困から抜け出せない人がたくさんいます。
かと言って、心が離れた夫婦が生み出すものは、ろくなものではありません。

          本当に離婚は子供のためにならないのでしょうか?

何度もこのブログで触れていますが、私は2度の離婚経験者です。離婚原因は違っていましたが、2度とも私が言い出した離婚でしたが大変なエネルギーが必要でした。
2度目の離婚の時はすでに経済が破たんしていましたが、1度目の夫は銀行員で経済面は非常に安定していました。その生活を捨てて新しい人生を踏み出すには相当の迷いがあり、決意するまでにかなりの年数を要しました。
その間、夫とケンカになると、当時まだ2歳か3歳くらいだった長男が、「ごめんなさい、ごめんなさい」と言って泣きながら私にすがり付いてきたのを思い出します。

子供の前でケンカすることは極力避けてはいたものの、子供は敏感だからうまくいっていないことはすぐに察知してしまいます。
このままじゃいけないと思いつつも離婚後の生活の怖さゆえに、結局離婚に踏み切れたのはこのことがあってから、5年後でした。

離婚についてはいろんな考え方があります。
その大半は「子供のために離婚は思いとどまるべきだ」というものです。
確かに、私の二人の息子たちは離婚(というより父親と母親の関係が破たんしたこと)による、多大な被害を被ったことだろうと思います。と言って、離婚しなかったとしてもやはりまた種類の違った被害があったに違いありません。
あんなに仲が悪いのなら離婚してほしかったと嘆く子供たち(既にに大人になっていますが)を、私はたくさん知っています。
なので「子供のために離婚は思いとどまるべきだ」は、ちょっと違う気がします。
「自分と子供の経済のために離婚は思いとどまるべきだ」というのが正確な表現だと思うのですが、きれいごとが好きな日本人はとてもそうは言えませんよね。
もちろんどんなにダメ夫でも、「この人のそばを離れたくない」と思っている人は、離婚する必要はありません。ここで言っているのは、心が離れてしまった夫婦の場合です。心が離れてしまったら、離婚をしてもしなくても、子供に与える精神的ダメージの大きさは同じだということです。離婚をしなかった場合は、その険悪な人間関係をずっと見なければならないし、離婚をすれば父親との別離という体験を余儀なくされることになります。
このように精神的なダメージだけを取り上げれば、種類が違うだけです。
けれど、経済的な問題は、離婚後の母子に大きくのしかかってきます。
日本における離婚件数は2004年をピークに減少傾向にあります。これはやはりその時期の景気が大きく影響していると、私は思っています。

          離婚しても安心して生きていけるフィンランド

日本と違ってフィンランドは、フルタイムで働いている女性の割合は世界1位です。
保育園は入りたいと言えばすぐに国が手配してくれます。待機児童ゼロ。(日本の待機児童は2016年4月1日時点で2万3553人となり、前年同時期比で386人増加)

教育費は小学校から大学院まで無料。(日本は国立大学でも4年間の費用約457.5万円、一人暮らしになると約1002.1万円)

離婚した後も、父親(母親)の責任は変わらない。たとえお互いが再婚したとしてもその相手は父親(母親)の妻(夫)であって、子供にとっての母親(父親)ではないのでお母さん、お父さんとは呼ばず名前で呼びます。
もし何らかの事情で子供が本当の父親と会えない場合、やはり子供は特定の大人の男性と遊んだりする機会が必要だということから、男親サービスというのがあります。ボランティアで若い男性が子供を遊びに連れて行ったりして、身体を使って母親とはまた違った接し方で、子供との触れ合いを持ち心を通わせていくのが狙いだそうです。
このように離婚後の経済面でのケアだけでなく、精神面のケアも行き届いているのです。

          離婚が増えるから女性を優遇しちゃいけない?

「女性をそんなに優遇するから、簡単に離婚に走るのだ」と非難する人が日本にはたくさんいます。そしてそれを言うのはなぜかほとんどが女性です。まさしく女性の敵は女性。
私も一人目の夫との離婚を決めた時、女友達に「女が稼ぎを持つとこれだから困るよね」と言われました。もう30年も前のことですが、いまだに忘れられません。

彼女の夫は家を全く顧みない夫で浮気も何度もしていました。娘たちは父親のことを軽蔑の思いを込めて「あんなヤツ」と呼んでいるそうです。それでも彼女はいまだに離婚はしていません。娘二人をしっかり自分の味方につけて、これで老後は安泰なのでしょう。
私はエゴを偽善で隠す彼女のような生き方は絶対にしようとは思いませんが、誰がどういう人生を選ぼうとそれぞれの自由です。けれど新しい人生に踏み出す勇気のなかった自分へのいら立ちを、勇気をもって新しい人生に踏み出そうとする女性に向けて、足を引っ張るようなことはしないでもらいたいと思うのです。
こういう人たちが、母子家庭の貧困率が世界でワースト1位という情けない日本の現状に対して何の策も講じない政府を容認しているだけでなく、助長しているのです。
「女性をそんなに優遇するから、簡単に離婚に走るのだ」と言う人を、
私は心から軽蔑します。

 

 

 

フィンランドの男たち

私が翻訳したミンナ・カント著の「労働者の妻」にもあるように、ほんの100年ほど前までフィンランドは女性に財産権も認められていない、女たちにとっては哀しいくつらい国だった。その国が今では女性が生き生き暮らせる国に成長した。
そのために大きな貢献をしたのはやはり女性たちである。
以下に『Suomalainen nainen(フィンランドの女性)』という書籍の序文に書かれている内容を私なりに訳したものを記載する。
=======================================
現代のフィンランドのイメージには、フィンランド女性も含まれるようになった。我々は、母であり、妻であり、家族の稼ぎ手であり、社会参加者であり、影響を与える者である。我々は、ヨーロッパの姉妹たちよりもっと、フルタイムの仕事に従事している。

我々は最高の訓練を受けており、また政治的な活動家である。女性が活動的になることはフィンランドの特徴である。自分の意見、自分の収入、そして頻繁に、少なくとも精神的に、自分の部屋を持っている。個性的になることの背景には、1906年ヨーロッパで最初の選挙権と被選挙資格があったということだ。また、フィンランド語の『Hän』という代名詞は、「彼」または「彼女」のどちらにも使う代名詞であり、一般的な言語のような男女の差異化が存在しない。この手本になった強い先祖の母たちに感謝できることについて、われわれは、希望ある女性たちだ。
(中略)

フィンランド以外の国の人たちは、よく尋ねる、どのように私たち北の国の女性たちは家族とフルタイムの仕事を維持しているのかと。それを可能にしているのは学校給食と子供をケアする法律であると私達は答える。フィンランドの女性政策には強い伝統がある。私達は教養や文明、そして社会の資産を男性よりも多く獲得した。

 私達は、他の人たちに自分たちの物語を知ったかぶりして語ることを望まない、そうではなくてフィンランド女性たちの選択と対処方法を評価するものである。大部分は1900年代のフィンランド女性を語っているが、我々は女性が優しい顔でいられるようになる新しい1000年に照準を当てている。北部の次元にフィンランドの出来る女性たちが含まれていることを、私たちは信じている。
=======================================

離婚以後、お向かいの夫(以下A男さんと呼ぶ)さんは、頻繁に我が家に来るようになった。「あいつは裏切り者だ」「恨みと怒りが交互にやってくる」などなど…
元妻を罵倒する言葉と、恨みつらみを連発する。
A男さんは新たにダンス教室にも行き始め、新しい女性を物色しているにもかかわらず、3か月以上過ぎた今も悲劇のヒーローを演じている。体重は10kg減ったという。(自分はこんなにやつれるほど落ち込んでいると周りの人たちにアピールするために、大好きなチョコレートも食べたいのを必死で我慢しているように思えて仕方がない。こういう風に思う私は、目が偏っているのだろうか…)

私が参加している他のグループでも、暖かく包容力があり、凛とした大きさを感じる女性たちに対して、「ちっちゃいヤツ」と思ってしまうような男性をよく見かける。
「男性の稼ぎで食べていくことを潔しとしない」女性たちの努力と、子供を持つ母親をVIPだとする国の政策とが相まって、どんどん大きく成長したフィンランドの女性たちに男性たちは取り残され、必死であがいているのかもしれない。
日本は国の政策や世論はシングルマザーには厳しく、なんといっても男性が経済の主導権を握っているので、男は経済を振りかざせば、女を従わせることは容易に出来るが、フルタイムの仕事をしている女性が全体の8割以上を占めるフィンランドのような国では、「誰のおかげで食べられると思っているんだ」という男特有の決めゼリフは使えないのだ。そう思うと、フィンランドの男性は気の毒なものだ。

それに比べて、日本はやはり男にとっては天国だ。
日本では女性は離婚すれば、よほど裕福な親がいるか、独身時代から働き続けて相当なキャリアを持っているかでない限り、極貧の生活は目に見えている。
troubleもともと雀の涙の母子手当は減り続ける一方。
低額な保育所は待機児童があふれていて入れてくれないので、働くために仕方なく高額な保育園に入れることになる。
何の社会保障も得られない様なところでも就職先があれば御の字で、それも子供が熱でも出せばすぐに帰らねばならず、そうこうしているとすぐにクビを切られてしまう。
そもそもちゃんと収入のある親族が保証人にならなければ、女性が一人で部屋も借りることさえできないのが現状だ。bosi
日本という国は「先進国だ」「経済大国だ」と豪語しながら「ひとり親家庭の貧困率」の世界ランキング、堂々1位の実績を守り続けている。
まぁ、なんとご立派な。
その上、世論はそれを「自己責任」だと言い、わずかの母子手当を受け取ることを「税金泥棒」だと言う。
もう「お見事!」「あっぱれ!」としか言いようがない…
このように女一人で生きていこうとすれば、極貧と世間によるイジメを覚悟しなければならない日本だからこそ、たとえ暴力をふるわれても、浮気をされても、せこくてケチな男でも、女は生きていくためにすべてに目をつむり、アホな男について行かなきゃならない。

ホント、日本は男にとって天国ですよ。
日本を離れちゃだめですよ、男性諸君❢
間違ってもフィンランドには来ないように。