老いた頭に重圧が…

普通外国で6年も暮らせば、その国の言葉は勝手に話せるようになるものだと思っていたのに、いつまでたっても、フィンランド語がうまくならない。
このことについては別のブログ『フィンランド語習得…60歳からの挑戦』でも書いたが、文法はすでにかなり勉強したので、「まずは1000語暗記する」という目標を立てて、1日10語暗記を目指そうと決めた。
しかし、自分の年齢を忘れてた。ボケないようにということを木をつけなければならない年齢で、1日10語の単語暗記は確かにきつすぎた。

それでもとにかく、940語まで思いっきりっ、無理やりっ、押し込んだ。
語彙数が増えるにつれあやふやな暗記になってきていて、実践で何も活用できないという事態に陥っていた。
「ゆっくりでいい」「焦らずに」を自分に言い聞かせるようにし、とにかく今まで覚えた単語をもっと安定して定着させるために、新しい単語を追加するのをしばらくやめることにした。
その代わり、以前から集めていたよく使いそうな例文600を、即座に使えるように覚えなおすことにした。2年ほど前に一度は完全に覚えた例文ではあったけれど、復習を怠っていたので、すでに80%以上が記憶から消え去ってしまっている。
また一からの覚えなおしだ。
でもこれも「ゆっくりと」「焦らずに」。
昨日はEläkeliitto(年金生活者の会)の集会だった。
「ゆっくりと」「焦らずに」この2語が効いたのか、いつもより良く相手の話が聞き取れて、覚えたばかりの例文「Söin itseni täyteen.(食べ過ぎた)」も簡単に出てきた。

うまく流暢に会話が弾むようになるレベルまで、果たして行き着くのかどうかもわからないけれど、様々な方法を模索するしかないのだろう。
老いた頭に本当に無理をさせて悪いと思うけれど、もうちょっとの間、頑張って!!

私が編集したものなので、誤字脱字はあると思いますが、以下の暗記データをお見せしますので、ご希望の方はメールでお知らせください。

「単語帳 (語彙数 694)」
「動詞 (語彙数 285)」
「例文 (560個の例文)」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中