Eläkeliitto(年金生活者の会)

Eläkeliitto は年金生活者の会で、私と夫は4年前から参加している。
最初はPelimannit という別の音楽グループに所属して、私がフルート、夫がギターを演奏している時に、Eläkeliittoの夏の催し物で演奏してもらえないかというお声がかかった。
私と夫はとにかくフィンランドについていろんなことが知りたかったので、フルートとギターの腕前は全く自信がなかったけれど、快く承諾した。
その後、私たちも年金生活者(日本からの年金ではあるけれど)なのだからと、このグループに参加させてもらうことになった。会員数は定かではないけれど大体50人くらいだと思う。

2016-12-08-12-57-05
左がSeijaさん、右がEläkeliittoの会長さんのAnneさん。

2週間に一度、集会(Kahvitilaisuus)がある。そこではコーヒーとパンやケーキ(セットで2ユーロ)が提供されて、健康についての講演があったり、ロシアやアフリカに旅行してきた会員が、写真や土産話を話してくれたり、一緒に体操したり、歌を歌ったり、ゲームをしたりする。
私たちも、今までに3回「日本について」や「東洋医学について」などプレゼンテーションをしている。
この集会の他に、これも2週間に一度「手仕事クラブ(Käsityökerho)」の集まりがあり、ここでは手仕事の好きな女性たちが集まって、織物をしたり、編み物をしたりする。この時はなぜか無料でお菓子とコーヒーが提供される。この部屋には手仕事に必要なものがなんでもそろっている。中でも立派な織り機が5台設置されていて、誰が使ってもよい。私は昔から織物にあこがれていて、日本にいる頃から何度かこのような織り機を買いたいと思ったこともあったが、あこがれだけでまだ一度も織物はしたことがなかった。img_0709
MeeriさんやSeijaさんに、手取り足取り、丁寧に教えてもらったおかげですでに5点くらいの作品が出来上がった。

そして今日は、このEläkeliittoの集会のクリスマス会だった。お世話役の人たちは、おそろいの赤いとんがり帽子とエプロンをつけて、ベリーのプーロ(ミルクでお米をたいたおかゆのようなもの)やクリスマスパイの用意に大忙しだ。
教会の牧師さんがやってきて、クリスマスソングを一緒に歌う。この牧師さんは、私のかつてのフルートの先生の夫さん。
彼は歌うことがとっても好きで、必ず1曲はソロで自分の声にうっとりしながら披露するのが恒例のプログラムだ。
そして最後はいつものくじ引き。今日はクリスマスということで景品はいつもよりたくさん用意されていたにもかかわらず、私と夫はくじに当たらなかった。
するとSeijaさんが冷凍ベリーがいっぱい入った袋と、クリスマスパイを持って来てくれた。さりげなくいつもこういう目配りをしていてくれる。

いつもと同じように、あたたかい仲間が迎えてくれる安心できるスペースがそこにある。帰るときには、口々に「Hyvää Joulua!(良いクリスマスを!)」と言って、ハグし合う。
日本で味わったことのない心地よさを、この北の果ての異国で味わう運命の不思議を改めて感じる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中