自家製ドライアイ保湿眼鏡

ここのところドライアイひどい。
午前中から夕方にかけては、パソコンと向き合っているし、その後はクリスマスがもう目の前に迫っているので、お世話になっている人たちへのクリスマスプレゼントにビーズアクセサリーを作ったりやレース手袋を40番のレース糸より細い糸をレース針10号で編んでいる。
その上我が家の暖房は暖炉なので部屋の乾燥が半端じゃない。
昨日も、もう寝る前には目がしょぼしょぼして開けていられないくらいになってしまった。
これは何とかしなくっちゃと、いつものように何か工夫はできないかと思案していて、以kuva-1-2前どこかのサイトで販売されていた「ドライアイ保湿眼鏡」を思い出した。
日本には、なくてもいいけどあったら便利というようなものがあふれている。よくこんなもの思いつくなぁと驚くくらいに、これでもかこれでもかと、新しい商品が売り出されている。
片やフィンランドにはこういうたぐいのものは一切売っていない。だから、似たようなものを自分で作るということが身についてきた。
そこで前から持っていた防塵メガネに、ちょっと細工を施して「自家製ドライアイ保湿眼鏡」を作ってみた。
防塵メガネはオーバーグラスなので、老眼鏡の上からかけられるのが

kuva-2-2
クリアフォルダの表紙に使われているくらいの厚さのプラスティックの板をくりぬいて、眼鏡の内側にテープで貼り付け、くりぬいたところから濡らしたカット綿を差し込んだ。カット綿は出し入れ可能。

便利だ。
さてさて、効果のほどはいかほどに・・・??

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中