Kaustien フォークフェスティバルに参加してきました

Kaustinen 2014

フィンランド中から音楽大好き人間が集合。1週間にわたって繰り広げられるフォークミュージック音楽祭。Kaustinenは、ちょうどフィンランドの真ん中あたりに位置する小さな村だ。わたしの家からは350km。私は1週間のうちの2日間参加してきた。会場には大小あわせて十数か所のステージがあり、それぞれのステージで15分から30分刻みで、いろいろなグループが上演する。わたしは、Pelimannnitが3回、演奏者だけのグループIiteamが2回、合計5回出演してきた。

2日間ともとてもいい天気に恵まれた。どこまでも青い空と、緑の芝生。木陰では6,7歳の男の子がヴァイオリンの練習をしている。向こうのベンチでは70歳くらいのおじいさんが一人は古いオルガンを弾き、もう一人はマンドリンを弾きながら歌っている。その歌にあわせて踊り出す人もいる。キャンプファイアーの周りではyhteislaulu(みんなで歌おう)が始まっている。なんという幸せな光景なんだろう。

朝から深夜まで、老若男女を問わず、楽器を奏で、歌い、踊り、心から笑う。この国の人たちは、楽しむことが本当に上手だ。この幸せな景色の中に溶け込んだ2日間だった。

この祭典は、明日まで続く。