みんなで創るという精神

ペリマンニットのお世話役のアンネさんに誘われて、Kuivaniemen kotiseutuyhdistys(クイバニエミの祖国協会)が主催する日帰りの小旅行に参加しました。

観光バスで古い歴史を持つハウキプダスの教会や、オウルの博物館など数箇所を巡る旅でした。

写真 2       写真 1

 

そして帰り道、このKuivaniemen kotiseutuyhdistys 会員になってもいいということで、早速入会させてもらいました。といって何をしているグループなのかのかよくわからなかったのですが、毎週火曜日、クイバニエミ博物館(昔の民家をそのまま保管し、当時の生活用品や道具が使われていたままに展示してある)に夕方5時に集まって、老朽化する博物館の壁にペンキを塗ったり、草刈をしたり、保管のために自由な無給の作業を行います。また7月からは隔週でこの庭でYhteislaulu(みんなで歌おう)が開催されます。これには去年の夏、数回参加して演奏したことがあるのですが、このグループの活動の一部であることは知りませんでした。

そして昨日、初めてKUivaniemen kotiseutuyhdistysの活動に参加してみました。先のとがったシャベルを持っていたら、来るときに持ってきてということでした。今は、博物館横の空き地に倉庫(かなり大きなものです)を建てるということで、穴を数箇所掘って基礎を作っているところでした。

フィンランド人は何でも自分たちでやります。そしてどの人もその方法を知っています。それぞれが自分の持っているものを提供し、それは労力であったり、トラクターであったり、技術であったり、材木であったり・・・ そして数ヵ月後、ここに立派な倉庫が出来上がるのです。実際にかかる費用はほんのわずかです。自分たちの村だから、自分たちの歴史だから、自分たちで守っていく。誰に強制されるわけでもなく、参加するもしないも、提供するもしないもすべてが自由の上に成り立っています。日本人のボランティア活動から感じられるような胡散臭さは全く無く、静かな感動だけが感じられる風景でした。

フィンランドでは、何かをやろう、作ろうとなったら、こんな風に自然に賛同する人たちが集まってきて、ほとんど費用はかからずに、なんでも簡単に出来てしまうのだろうと思います。前回の記事で書いた「社会と人生の未来を考える学校」も、一人でやろうと思うと莫大な資本が必要になって来ます。でも、必要だと思う人が呼びかけ、自主的に集まって、自分たちのためのものを創るのだからという精神で、損得を考えずに自分の持てるものを提供し合い、知恵を寄せ合ったら、企業からの寄付を当てにしなくても、宝くじが当たるのを待たなくても、すぐに出来るのに・・・

アンネさんは男たちに混じってスコップで作業をしていましたが、他の女の人たちはコーヒーとプッラの用意をしたり、博物館の中のカーテンの付け替えを考えたりして、合間に私にいろんなことを教えてくれます。70歳くらいの女性から「今日は来てくれてありがとう」と言われました。「私は何にもやっていない」と言ったら、「ここに来て、ともにいることが素晴らしいことなのよ」と。

結局この作業は夜の9時まで続き、久しぶりの肉体労働に夫も汗だくで、筋肉痛になりそうといいながらも、フィンランド人のこの精神に深く感動し、爽快感で帰ってきました。

写真

広告

みんなで創るという精神」への2件のフィードバック

  1. それぞれがそれぞれの出来ることをする・・・きっとフィンランドの人たちにとっては自然なことなんですね。一人ひとりが個人として確立されているからこそ、出来ることだと思います。私はそのあたりのことがきちんと出来ていないので、恥ずかしくなりました(+_+) 
    フィンランド語を独学中ですが、学生時代に勉強した英語とは似ていないので単語を覚えるのが大変です(・_・;) でも、フィンランド語の会話は独特のリズムがあり、韻を踏んでいるかのように聞こえて心地良いですね!ほとんど分からないながらも参考書の付属CDやYLEラジオ放送をネットで聞いて楽しんでいます。

    • いつもコメントをありがとうございます。
      本当にフィンランド人の気質というか、考え方というか、そういうすべてに頭が下がります。
      今建てているのも、倉庫とはいうものの30坪くらいの大きな建物です。そういうのも業者の手を借りずに自分たちで建ててしまうのですから、たいしたものです。
      投稿記事にも書きましたが、今週の火曜、水曜と2日間、Kaustinenフォークフェスティバルに行ってきました。誰に管理されることもなく、みんなで作り上げている楽しさというすばらしい体験でした。アンダンテさんも音楽が大好きな方のようですので、ぜひ一度行かれたらいいと思います。入場券は1週間有効です。ホテルも会場近くにたくさんあるようです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中