女たちのフィンランド1 Amazon Kindle より発売

まだ日常会話もうまくかわせない程度の語学力しかないのですが、
文法書や辞書を駆使しながら、ようやく翻訳を完成させました。
そしていよいよ、Amazon kindle から発売いたしました。

Minna Canthの作品の中で、初の日本語訳です。20140425_1137282

福祉国家、男女平等の国フィンランドに移住して、3年。 


真の平等の精神を肌で感じる毎日です。『一人の100歩より、100人の1歩』を是としたフィンランドの女性たちを   シリーズで紹介していきたいと思います。フィンランドの本質を探るべく、第1巻はフィンランドの男女平等の礎と   なったミンナ・カントの作品より『牧師の家族』の脚本翻訳を試みました。1890年代、まだ独立をしていないフィ ンランドが生み出した偉大な女性作家ミンナ・カント。 

2007年から彼女の生誕日を『平等の日』として、国旗掲揚奨励日に指定されました。 

先進国でありながら、格差社会はますます拡大し、母子家庭の貧困率は31か国中ワースト1位の日本。私たちに何ができるのかを問いかけます。 

今後も、「女たちのフィンランド」のシリーズの中で、その他の内容も含みながら、
Minna Canth の作品の日本語訳を掲載していきたいと思っています。