お母さんに優しい国 世界1位

 今年の母の日に、「母親に優しい国」世界1位として、フィンランドが選ばれました。
(NGOセーブ・ザ・チルドレン)
ちなみに、米国は30位、日本は31位(韓国と並ぶ)。
昨年の1位国ノルウェーについてNHKの番組で取り上げられていた内容が、ネットに掲載されていましたので、ここで紹介します。

シングルマザーの場合、児童手当が2倍支給される。子供の保育園代もおよそ6割を国が補助。さらに別れたパートナーからもらう養育費が滞った場合、国がいったん立替えたうえで、相手の給料を差し押さえる。
学生でも子供が生めるために、大学内に保育園を設置。料金は一般保育園の半額。子供のいる学生のための専用アパートもある。シングルマザーは優先的に入居可能。
(日本の場合、女性が一人でアパートを借りるのも難しい。夫あるいは親族の保証人が必要)

育児休暇は夫婦合わせて47週間取得可能(給料補償は100%)。うち12週間は父親だけが取得できる専用期間。母親が休む期間を短くして、その分早く母親が仕事復帰できるための配慮からくるものだ。
日本は、育児休業制度は子供が満1歳になるまで取得可能だが、給料補償は50%。
男性の育児休業取得率はノルウェー男性は90%以上が育休を取得しているのに対し、日本は最近増えていると言われているものの、わずか2.6%(平成23年度雇用均等基本調査)と、比べ物にならない低さだ。

ノルウェーでは1歳から小学校入学前までの子供すべてが保育園に入れるような政策を取っている。待機児童はなし。
一方日本は、待機児童2万5千人(厚生労働省調べ)。

また、女性取締役を増やそうというノルウェーの試みは世界に広がりつつあり、ヨーロッパ11カ国がすでに実施済み。
以上はノルウェーの状況です。

今年の「母親に優しい国」の順位について取り上げているところは多くありました。
しかし、日本とのこの大きな違いに目を向けず、「女性議員の割合以外では日本は北欧諸国と大差がない」と書いている記事があったのには、開いた口がふさがらないとしかいいようがありません。その記事は、今回最下位だったコンゴ民主共和国の悲惨さばかりを取り上げ、日本のこの情けなく恥ずかしい結果と実情に、何の関心もない。

昨年発表された「男女平等(ジェンダー・ギャップ)指数ランキング」(The Global Gender Gap Report)でも、1位アイスランド、2位フィンランド、日本は、なんと101位。「嫁泥棒」と言う風習がいまだに残るキルギスでさえ54位です。
日本のこの現状をみて、「先進国」だと言えるのでしょうか。

皆さんはこの実情に何を感じますか?
ノルウェーとの差を見て、怒りがわきませんか?

広告