また、新しい何かが始まる

 3日前、第2期「外国人のためのフィンランド語教室」が終了しました。
前回の教室の時も、もちろん私たちが最高年齢でしたが、他の受講生の人たちとの差はそれほど感じなかったのですが、今回は、歳をとったということをまざまざと感じることになりました。
というのも、まず中間年齢層の受講生が途中から来なくなったこと。
わたしたちとも親しく話をしていたまじめな若い子達もいなくなってしまった・・・
ということで残ったのは、不真面目に大騒ぎする若い子達と、
私たちだけと言うことになってしまったのです。
先生がいくら注意してもおしゃべりはやめないし、
ひどいときは授業中にもかかわらず、机の上に座って、携帯電話をかけたりしています。
もちろん私たちとは口も利かないし、席も「何もそこまで離れて座らなくてもいいに・・・」と思うくらい遠く離れた場所に集まって座っていました。
夫と二人で通っていたからいいようなものの、一人で通っていたとしたら、居心地悪くて続けられなかったと思います。
でも、学級崩壊は世界中で起こっていることなのだなとつくづく思いました。
先生にフィンランドの学校の生徒の態度はどうかと尋ねたら、「oikein hyvää(非常に良い)」だそうです。
今、「フィンランドはもう学力の先を行っている」(福田誠治著)を読んでいますが、さすが! と、感心することばかりです。他の国は知らないけれど少なくとも日本の教育とは、根っこから違うことを痛感します。

毎週木曜日に片道100kmの道のりを教室に通う日々が終わり、
これからどんな風にフィンランド語を勉強していこうかと、夫と話し合いました。
参考書で独学する事はずっと続けているけれど、やはりフィンランド人と接する機会が少ないことが、なかなか上達しない理由でもあります。
また9月から始まる教室に行くつもりでいたけれど、今回のように異質の存在で参加することにはもう疲れました。
昨秋の地元のお祭りで歌と演奏をしていた中高年のグループのことを思い出し、あのような人たちのグループに入れてもらえたらいいのにね、ということになり、ネットで探して早速メールを書いてみることにしました。
といっても、仲間を募集している様子はないので、フィンランド語でわたし達の説明をし、グループに入れてもらえないかと問い合わせるメールを書くのに、ほぼ丸一日を要しました。
そしてゆうべ、「ぜひお会いしましょう」と嬉しい返事。
それにメンバーの一人が、去年の秋、私が図書館に本を借りに行ったときに、担当してくれた人だったらしく、「あなたたちの事は知っていますよ」ということでした。
人口2000人の小さな村(人口密度 2.1人/k㎡)で暮らす日本人は、やはり知らず知らず有名になっているようです。
というわけで今週木曜日、グループの人たちと会うことになりました。
ひとつのサイクルが終わり、また新しい日々が始まる。
わくわくするフィンランドの春です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中