寄る年波

2週間ほど前から、息子にセーターを編んでいました。
息子は常日頃から、この年齢になってからフィンランドに移住した私たちを気遣ってくれていて、DVDを送ってくれたり、ついこの間は、「鬼トレ」と「iPad mini」をプレゼントしてくれました。そのお返しに、久しぶりにセーターを編んでみようかと思い立ちました。
フィンランドに来て、靴下や手袋はいつも編んでいたのですが、セーターのような大物は久しぶりです。しかも北欧編みこみにしたかったので、中細程度の太さの糸で、編み針は3号という細さ。
クリスマスに届けられるように、無理をして一日編み物をしていたら、肩がガチガチにこり、
手先のしびれ、吐き気、果てには目まいまでする始末。
気だけは若くても、寄る年波には勝てないことをしみじみと思い知らされました。
3日前に出来上がり、今は、編み物を少し控えているのですが、編みたいものはたくさんあって、なんとか肩こり、首こりを解消できないものかと、考えています。

20121211_214332このデザインもそうなのですが、ノルウェーの糸屋さんが出しているサイトが、数え切れないほどの無料編み図を提供してくれています。(残念ながら日本語ではありませんが)
有料編み図は一枚もありません。
http://www.garnstudio.com/lang/en/kategori_oversikt.php

また、編み方の動画もたくさん出ています。これは動画だけで、言葉で説明していないので私でもよくわかります)
http://www.garnstudio.com/lang/en/video.php

これだけの編み図や動画を無料で提供しながら、糸を買うように誘導する事は、ほとんどありません。これで採算が合うのかなぁと、こちらが心配してしまうほどです。
今回のこのセーターはアルパカ100%の毛糸で編んだのですが、日本では考えられないような安さでした。
日本も北欧もアルパカ毛糸は、ペルーからの輸入です。なぜこれほどまでに値段が違うのか。
日本にいる頃は、何かどこかでごまかされているような、不信感というか、気構えていないとだまされる不安がありました。
北欧は、日本のような上っ面のお愛想は全くありません。作り笑いもありません。
だから、日本の歯が浮くようなオセイジに慣れている人たちは、北欧に来ると頼りないような印象を受けるかもしれません。
けれど、実際に暮らしてみて、信頼できる人たちに囲まれていることが、どれほどの心の平和につながるかということを、ひしひし感じる日々です。

とにかく今は、肩こり首こりを治して、この靴下を編んでみようと思っています。
20121211_214449


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中