パートナー

今朝の気温はマイナス6度。快晴。
道路も草も白く凍り、太陽の光を反射してとてもきれいな風景です。
きょうは、次男の25歳の誕生日、そして現在のパートナーと出会った記念日でもあります。
私が二度の離婚を体験し、そして現在のパートナーが3人目だということをこのブログでもたびたび書いてきたということが影響してか、夫婦についての相談をよく受けます。
ここで改めて「パートナー」について書いてみようと思います。
私は現在のパートナーと出会うまで「夫婦というのはどちらかの我慢の上に成り立っているものだ」と確信してました。そしてその我慢の限界が離婚だと。
「『我慢』は人間関係に必要不可欠なものだ」という人もいます。
「いい人間関係はどちらもが少しずつ我慢して、それで成り立つ」と言った人もいました。
けれど、果たしてそれが真の人間関係なのでしょうか?
相手の嫌な部分を見てみぬふりをしたり、自分の本音を隠し続けることが「包容力」でしょうか?
明らかにこれは「包容力」ではなく「我慢」であり騙し合いの関係です。
ではなぜ、「我慢」をしてまでその関係を保たなければならないのか。
それは、その関係を保つことで「得する」事があるからです。
「得する」内容は、人によってそれぞれでしょう。「お金」の人もいれば「見栄や世間体」の人もいるでしょう。どちらにしろ相手の存在が自分の「得する」事につながるからです。だから、手離せないのです。だから、本音を言わず我慢するのです。
私も夫も二度の離婚経験者です。
もう我慢しあう関係はこりごりでした。
ここに来て、我慢するくらいなら、一人で生きるほうがよっぽど楽です。
といって、お互いがわがまま放題にするということではなく、「違和感」や「不快感」を感じたら、包み隠さず話します。それから話し合いの始まりです。
どちらかが我慢するような結論を出すのではなく、お互いにもっと気持ちよくなる方法を考え抜きます。不思議なことにその「第3の道」は必ず発見されるのです。
ただ、この新しい道が見つかるまで、2日でも3日でも、お互いをさらけ出して話し合わなければなりません。理解しあえる結論が出なかった場合は、別れるという覚悟を持っての真剣な話し合いです。自分自身でさえ見たくない自分の醜い部分も利己的な部分も、表面に出てきます。
けれど、その決して楽しいとはいえない作業の中から、居心地の良い世界が姿を現し始めるのです。
私と夫はそのようにして、関係を育ててきました。
私にとって夫は、最高の親友であり、厳しい教師でもあるのです。

そして、二人に起こる事は共有し、二人で解決しています。
親のことも子供のことも、その他あらゆる人間関係に対しても同様です。
現在は、夫婦二人で遠い異国の地にいますので、子供や親のことでの問題は無事卒業できたようで、最近の日常は至って穏やかなのですが、フィンランド文化研究所の会員がかなり増えてきたこともあって、また新たな人間関係が生まれつつあります。
フィンランド人との関係は、わたしたちと同じ価値観の人がほとんどなので、全く問題なくスムーズに流れていくのですが、本当の目的を隠し、共感していないのに共感しているようなふりで近づいてくる一部の日本人とは、問題が起こることが時々あります。
そういうときのわたし達の対処方法は、ひとつの身体の右手と左手と言うか、右目と左目と言うか・・・簡単には説明しきれないのですが、例えば夫は右脳人間で、私は左脳人間です。彼が問題の全体を見て「違和感」なり「拒絶」なりを察知します。私はそういう点では鈍感で相手の言葉を丸々信用してしまうことが多く、相手の打算や利用を鋭く感知できないようです。ただ感覚が鈍い反面、相手の言った言葉の矛盾点だけははっきりと発見する事は得意です。
そのときそのときの問題点を、あらゆる角度から観察し、二人で話し合って、そして実際に対処するときに、今回は「右手」が適当だとか、「左手」の出番だね、という感じになります。
ひとつの結論を出しても、相手への表現方法が違うので、そこは適材適所それぞれの場面によって、出番が決まります。

日本にいる頃、私たちを見て「仲がいいねぇ」と感心されたことが良くありました。でも、フィンランドに来たら、それは当たり前で、どこの夫婦も、中年も、老年も、一緒に買い物に来ていたり、散歩したり・・・ それはそれは仲がいいのです。
フィンランドは、離婚率が高いので、離婚をせずに夫婦を続けている人たちは、「得する」ために相手と一緒にいるのではなく、「いい関係を育てあえる」相手だから一緒にいるのです。
果たしてフィンランド人の夫婦の間でどのような話し合いが持たれているのか、私にはわかりませんが、フィンランドは男女とも精神的にも経済的にもしっかり自立していますので、相手を利用する必要がないことだけは確かです。だから、わかり合えない、育てあえない相手とは、一緒にいる必要がないのでしょう。
自立した人間同士だから出来る人間関係だと思います。

私は「夫婦は人生を生きる上の核」だと思っています。
この『核』がゆがむ事は、あらゆる方面に影響が現れます。
そして、さまざまな方面に害を振りまきます。
一番の被害者は子供。
経済的な安定はあるかもしれませんが、さめた関係の中で育つ事は「何が正しくて、何が間違っているのか」を教えられずに「混乱」と「不安」だけがのしかかります。
そしてそればかりか、「このかわいそうな親を、自分が幸せにしなければならない」という重荷を背負わされます。
さめた夫婦をやっていると、親は(特に母親は)子供を所有物化し、自分の存在意義を子供に見出し、子供が自立した大人になる事を拒み、自分がいなくては生きられない子を育てようとします。離婚できないのは、自分が経済的安定を手放したくないという欲深さからきているのに、「子供のために生きる良い母親」という自己欺瞞で自分を正当化します。
もちろん、離婚したとしても「安定と所有」を目的としたこの考え方を変えない限り、同じ結果です。
離婚してもしな
くても、子供が自立されては困る親は、大切なことを子供に教えようとしません。そもそも、何が大切なことなのかを親自身が考えようとしていないのですから、教えられるわけがないのですが。
子供が自立した大人になったりしたら、自分を見捨てるのではないかと不安におびえ、自分から離れないようご機嫌取りに大忙しです。
自立できていない親たちは、周りの動向によって自分の幸せが決まると思い込んでいます。だから、人生がうまくいかないと、周りを恨み、運命を呪うだけで、最大の問題点である自分自身を振り返ろうとしません。
何を学ぶために起きているのか、何に気づくべきなのか・・・
自分自身を見つめる事は誰にとっても、最大のテーマだと思います。
それなくして、人生に生きる意味は無いとさえ思います。

フィンランド人がよく言う言葉があります。
「Matka jatkuu(旅は続く)」
「良い旅を」でも「気をつけて」でもなく、ただ「旅は続く」。
とてもフィンランド人らしいと、フィンランド在住の日本人がブログに書かれていました。
一言で人生を語っている深い言葉だと、最近の私の一番のお気に入りです。
私はこの言葉を、人を恨んでも、人のせいにしても、何も解決せず、自分の人生は
ただ「続く」と、理解しています。
私はこの言葉を知ってから、よくメールの最後にこの言葉を使っています。

では、今日はこの辺りで終わりにします。
Matka jatkuu!

広告

パートナー」への5件のフィードバック

  1. はじめまして。偶然このブログを見つけて読ませてもらいました。
    私はフィンランドに住んで2年くらいですが、なかなかなれずどうしても日本のほうがいいと思っていました。いつかの記事で書かれていたように表面でしか見ていなかったかもしれません。日本を美化しているところもあったと思います。見方を変えてみようと気づかせてくれてありがとうございます。

  2. コメントありがとうございます。
    フィンランドに暮らして2年という事は、私と同じ頃にフィンランドにいらしたんですね。
    フィンランド語はもう習得されましたか?
    私は毎日勉強していますが、なかなか覚えられず、悪戦苦闘しています。森の中なのでなかなか人と接する機会が少ないのですが、街に出たときにフィンランド人と会話が出来ると、とても嬉しくなり、もっと勉強しようと意欲がわいてきます。
    起こっている出来事は、ほんの少し見る位置が変わるだけで、すっかり違って見えるものだと思います。染み付いてしまった「概念」が、真実を見る邪魔をしますが、自分の中にどんな概念があるのかを見つけ出し、それを解放すると知らない間に自分の行動が変わり、周りの世界が変わってきます。
    せっかくフィンランドで暮らしていらっしゃるのですから、フィンランドのすばらしさを知ってくださいね。
    私のつたない文章が、あなたの気づきにお役に立てたこと、とても嬉しく思っています。

  3. 初めてまして。
    フィンランドについて調べていたらこの記事に辿りつきました。凄く興味がある内容で面白く拝見致しました。
    幾つか質問をさせて下さい。
    私は、生まれたときから日本に住んでいて、また両親の離婚を経験しています。そして、面会交流・養育費は一切なく父の顔も全く覚えていません。
    まず、フィンランドでは、親の離婚により悲しい思いをする子って居ないのでしょうか。私は片親が全く分からない状態なので、尚更なのかもしれませんがやはり自分だったら、我慢をしてでも離婚は避けたいと思ってしまいます。
    母子家庭で経済的なことは勿論ですが、両親の不仲自体が子どもにとって悲しい出来事だと私は思っています。フィンランドの方はそういう風には考えないのでしょうか。
    また、日本では継父・継母による虐待も少なくありません。再婚された方が継子のことを可愛がれなくて悩む姿も珍しくありませんよね。また、子どもにとっても赤の他人と過ごすことは我慢が必要になると思います。フィンランドではそういった事件はないのでしょうか。
    少なくとも私は高校時代家庭環境に悩んみ、抗うつ剤や睡眠薬まで飲んだりと辛い思い出が多いです。子どもにはそういった思いはさせたくないと思って過ごしています。
    私は日本で両親の離婚・再婚で悩む子が出来る限り少なくなって欲しいと思います。フィンランドの方の離婚状況や子どもの気持ちについて興味を持ち質問させて頂きました。よろしくお願い致します。

  4. コメントありがとうございます。
    『離婚』は、パンダさんがおっしゃるようにとても悲しい出来事です。誰も結婚するときにまさか自分が離婚するとは思っていないと思います。
    誰しも、仲良くやっていきたいし、うまくやっていくために努力していると思います。離婚はそんなに簡単なものではないからです。
    結婚するより離婚するほうが数倍のエネルギーが必要だと言われていますが、これは事実です。
    でもそれでも離婚しなければならない事は起こるのです。現在の夫も、2度の離婚経験者ですが、2度とも経済的な破綻が原因でした。1度目は事業の失敗と同時に、被害を被りたくないから離婚してほしいと妻の方から告げられたそうです。
    私の離婚は、このブログでも書いていますので、以下の記事を読んでみてください。
    ・離婚1
    ・離婚2
    ・「別れたい」から「別れよう」の決断まで
    ・日本の離婚、フィンランドの離婚
    親の離婚は、子供にもかなりの影響を及ぼすことはわかります。ただ、パンダさんとは逆に「仲が悪い両親をずっと見てきたから、私は結婚してうまくいかなかったら子供のためにも離婚して一人で生きる道を選ぶ」と言った人もいましたし、
    また離婚はしたけど子供のためだと再婚せずに来た母親に対して「母親がいつも自分の肩にずっしりのしかかっている。こんなことなら、再婚してくれていたら、私は私だけの人生を考えられたのに・・・」という友達もいました。
    人それぞれ、自分の置かれた環境から学び取る事はさまざまです。
    パンダさんはもうすでにお子さんもいらっしゃるようですが、「子供のために離婚は絶対してはいけない」と言うことを学ばれたのでしょうか?
    パンダさんが高校の頃、何に悩まれていたのかこの文章からだけでは理解しづらいのですが、
    ちょっと、パンダさんのお母さんに同情してしまいました。お母さんは、パンダさん以上に辛かったと思いますよ。
    フィンランドは、母子家庭でも豊かに生きていける、環境が整っています。
    そして、18歳になったら子供達は完全に親から独立します。日本とは違い、単に一人暮らしをするのではなく、経済的にも独立します。教育費は無料ですし、生活補助金も国が支給しますので、お小遣いはアルバイトで稼ぐのでしょう。
    だから、18歳で親の責任は終了です。
    子供の教育と老後の生活は国が責任を持っているのです。
    日本は全く違います。フィンランドのように国が責任を持ってくれないから、親子の癒着体質で日本の教育と介護が成り立っているのです。
    子供がいくつになっても、親業から卒業できない。してはいけない。
    親は子供のためだけに生きるものだという概念が充満しています。(私はこれは国の陰謀だと思っていますが・・・)
    でもその概念が、子供の自立を妨げ、自分の不幸を親に責任転嫁し、自分の人生を自分で創り上げようとしない若者を増やす温床になっていると私は思います。
    こういった背景が違うこともあり、フィンランド人が考える親子や夫婦は、日本とは捉え方が違っているようです情に絡めたどろどろしいものがありません。調査をしたわけではないので、詳細はわかりませんが、私が知っている限りの人たちの中では、継父母と、継子の仲は非常にうまくいっています。
    ただ、不幸にもパンダさんのようにご両親の離婚後の母親との暮らし(文面からではたぶん再婚されたのでしょうね)がうまくいかなかったとしても、親と子が一緒に暮らさなければならない時期は、長い人生のうちのわずか18年間です。それ以上は、嫌なら一緒に暮らさなければいいだけです。私の知人に家が嫌で嫌でたまらなくて、家を出ることだけを考え続け、そして16歳で家を出たという人がいます。彼女はしっかり独立した立派な大人になっていました。
    パンダさんも、今は結婚されてお子さんもいて、お幸せなのでしょう。
    若い頃の辛かったことを自分の「傷」として持ち歩く必要はもうないのではないでしょうか?
    そして、「親は子供のためだけに生きるものだ」という概念からお父さんとお母さんを、そろそろ解放してあげてはいかがですか?

  5. 上記2件のコメントにつきましては、個人のプライバシーに深く関わる内容がありましたので、管理者の独断で掲載を控えさせていただきます。
    尚、メールアドレスの表記がないため、投稿者さん宛てに直接返信することができませんので、この場でご返答いたします。
    「様々な事情の方がブログを見ているのを考慮に入れて欲しい」というご要望でしたが、私はいかなる事情をお持ちの方に対しても、同じ見解です。相手によって変わるものではありません。
    人の人生はその人自身にすべて責任があり、同情することは、全く無意味であるばかりでなく、人を見下す傲慢な行為だと考えています。
    だから、相手がどのような生い立ちを背負っていようが、私は同じ対応をいたします。
    ただ、このコメントの内容は非常に矛盾が多く、うその上にうそが重なって出来上がった架空の人物像のように思えます。
    なぜなら、投稿者さんの言う事柄をひとつずつつなぎ合わせていくと、ひとつの人物像が成り立たないのです。
    ネットでは顔は見えない、正体を明かす必要がない、という理由から、どんな人物でも作り上げることができます。
    ただ、架空の人物に返答するのは、時間の無駄ですので、この返答を最後とさせていただきます。
    ちなみに、あなたが大学で学んでいるとおっしゃっているのは、「教育過程」ではなく「教育課程」だと思いますよ。
    追記:どんな衣を着せても、私にはあなたがNちゃんに思えてなりません。
    私の考えすぎでしょうか・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中