[お金を払うものが偉い」という傲慢さ

フィンランドはずいぶん寒くなりました。
朝の気温は零下になることもあり、白樺の葉はほとんど落ちて、暖炉に毎日火を入れています。ちょうど日本の12月くらいの気温でしょうか。
ベリー摘みも、草刈も終わり、家の中で過ごす時間が長くなりました。

私は今、apple社のiPadとiPhoneを使っています。
フィンランド語専用の「My辞書」を作ったり、参考書やお気に入りの書籍をスキャンして保存し、自由に書き加えられるようにして授業に使ったり、To-doリストを作ったり・・・と、今はなくてはならないものになりました。
また、安価でさまざまなアプリが楽しめるのも魅力のひとつです。
なかでも、「Awesome Note」と「uPad」がお気に入りです。

ところが最近、「uPad」のアップデートをしたら今までのデータが消えるというアクシデントがありました。
以前「i暗記」というアプリでアップデートのときに「以前から使っている人は今はアップデートしないでください」という警告が書いてあったことを思い出し、もしかしたらuPadにもそのような注意書きがあったのかもしれないと、AppStoreを見てみました。
すると、開発者のメッセージがあり、「データが消えるという報告を受けて、現在対処中です。次のバージョンで必ずデータは戻るので、アプリを削除しないでください」と書いてありました。にもかかわらず、カスタマーレビューのところに「データを返せ!」「金返せ!」と、ひどく罵倒する言葉が並び、今まで星4以上あった評価がいっきに星1に落ちていました。アップデートの知らせがあってから、わずか数時間後のことです。
もちろん、データが消える事は大変な事態です。けれどわずか¥450円のアプリ。
しかも、このアプリは非常に便利でとても使いやすいものです。データが消えて怒るという事は、聞くに堪えない悪評を書いている人も今までは、この「uPad」を重宝していたという証拠です。
こんな便利なアプリを、こんなに安く使わせてもらってありがとうという感謝の気持ちがあれば、こんなひどい評価を書けないはずです。
ちなみに、フィンランドのAppStoreの「uPad」のところを見たら、その時点のバーションのカスタマーレビューは何もなく、評価の星の数も以前と同じ4以上のままでした。
なんという品位の差!! さすがフィンランド!!
そして1週間後、開発者の発言どおり、データはすべて元通りに戻りました。

私がいつも言っている「日本人の『お客様は神様です』根性」
たとえ10円であろうがお金を払ったものが偉いという傲慢さを目にすると、もう吐き気さえしてきます。偉そうに、いったい何様のつもりなのでしょう。
ただ、日本人の間では、「お客様は神様です」という言葉が悪いものだという概念はありません。この言葉が諸悪の根源だと思う私の方が変なのだろうかと、思っていたら、
次のような記事が出ていました。

『日本のAppStoreレビューは2チャン的・・・ 開発者が問題提起』
http://www.kotaku.jp/2010/06/appstore_review.html

「やっぱり、どうかしてるよ日本人・・・」と今日も思ってしまう私でした。

広告

[お金を払うものが偉い」という傲慢さ」への2件のフィードバック

  1. こんにちは 台風が去ってもまだ暑い日本です
    10月というのに 昼間は半袖でもいられそうな気候
    異常すぎます(:_;)
    日本はもういろんな意味で危機的状況です
    さすがですね フィンランドの方達は(^^)
    同じ人間なのに どうしてここまで感性が違うんでしょう
    欧州の都合のいいところだけ 都合よく真似をして
    政治をしてる場合じゃないです!
    お客様は神様です これは本来お客側ではなく
    売り手側の 接客の心得なんですけどね
    日本人はね 偉くなればなるほど 
    自分が神様だと思っちゃってますものね
    まだまだ捨てたもんじゃない感性の人もたくさんいますが
    それ以上に自分中心に地球が回っている人が多数 
    この国には存在していますから
    一度全てゼロになったほうがいいんじゃないかと
    思ってます
    この地球に 自然とともに 他の命と共に 自分の命が生かされて 存在していることを ちゃんと感じることができるところから
    もう一度はじめるべきなんじゃないかと思います

  2. いつもコメントありがとうございます。
    今回の投稿は、ちょっと過激な書き方をし過ぎたかと思い、
    きっと反論されるのではないかと心配していたので、クニゾーさんからの
    コメントでホッとしました。ありがとうございます。
    (今のところ、反論はありません)
    最近、また日本人の問題で嫌なことがあり、
    その人にはっきり真実を言うということがありました。
    今までは、一人の人に向かって言うときは遠まわしに言ったり、
    誰か他の人のことをたとえに出したりしていたのですが、はっきりそのままを表現するほうが、
    誤解もなく、抵抗も少ないことがわかりました。
    それで今回の投稿はあのような書き方になりました。
    「お客様は神様です」の概念は、こちらにはまったくありません。
    スーパーでも、売り手と買い手、どちらもが「こんにちは!」と挨拶します。
    完全に対等なのです。
    日本のようにレジの人が前で手をそろえて「いらっしゃいませ、こんにちは」と頭を下げ、
    お客は知らん顔で何も言わない、なんていう異様な光景は見たことがありません。
    日本にいた頃、宅配便の配達をしている人から聞いた話ですが、お客から会社にクレームが入ったら、
    その人の昇給は1年間なくなるそうです。
    それって、会社にとっても昇給しなくてよくて好都合なルールですが、
    労働者はたまりませんよね。
    アプリの世界だけではなく、日本は労働者がお客の視線に(もちろん上司に対しても)、びくびくせざるを得ない環境があると思います。
    こちらの労働者は、本当にのびのび働いていますよ。
    見ていて気持ちがいいです。
    これは単なる概念の違いではなく、「拝金主義」が及ぼす弊害なのでしょうね。
    実際、売り手が頭を下げるのも、「お客」に対してではなく「お金」に頭を下げているんでしょうから。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中