圧迫感

 日本にいた頃、どこにいたときも言葉では表現できない「圧迫感」がありました。
いつも身構えていないと灰色の雲が、押し寄せてくるような感覚です。
そしてその見えない力に、必死で戦っていたような気がします。
そしてその「圧迫感」こそが、私が日本を出たかった最大の理由だと思います。
今日、久しぶりにこの「圧迫感」を思い出す出来事がありました。
もちろん相手は日本人です。

フィンランド人と日本人は似ていると書いてある(もちろん日本人が書いているもの)のを、よく見かけますが、私は根本的に違うと思います。180度違うと思います。
ユースホステルをしていた頃、ノキアの日本支社に勤めていた人と話したことがあるのですが、「まったくあいつら《フィンランド人)は、偏った考え方しかできない」とぼやいていました。
その考え方の違いを聞いてみたのですが、どう見てもフィンランド人の言っていることのほうが道理に合っているとしか私には思えませんでした。
結局、ノキアは日本から撤退しました。
アジアの商法には合わないのでしょう。

数日前、フィンランドの雑誌から取材を受けました。その取材記者に「なぜフィンランドはこんないい国になったと思いますか」と、尋ねたら彼女は「フィンランドは独立するときに、新しい国を創ろうとしたからだと思う」と答えました。
「国民が等しく幸せになる国」
「一人の100歩より、100人の1歩を是とする国」

フィンランドは、きれいごとで隠しながら競争し戦い合っている日本とは、似ても似つかぬ国です。
「国民全員の収入が40万円」であるのがいいか「他の人の収入が20万円で、自分だけが30万円」であるのがいいか、を日本で調査したら、ほとんどの人が後者を選んだといいます。実際私もこの質問を何人かにしてみたら、全員が後者を選びました。
人に勝つことも幸せの条件のひとつなのです。
トップから末端に至るまで、この勝ちたい願望がある限り、国民が等しく幸せになる事は不可能です。醜い争いを繰り広げているのは、一部の金持ちや政治家だけではなく、最下層にいる人々でさえ、隣人に勝ちたいのです。
友人も、夫婦も、親子でさえも、勝った負けたを知らず知らずのうちに、やっているのです。きれいごとで隠しながら・・・ 自分自身さえ騙しながら・・・

今日の出来事で、夫は「そんな国から出られた自分たちの運命を喜ぶべきだ」と言っています。
私も夫も、フィンランドはこんないい国だから、もっと簡単に、誰でも望めば移住できるような道はないものかと考えてきましたが、これは間違いであることに気づきました。
この優しくて美しい国を、貪欲な心で汚されたくないと、心から思います。
残された人生、「フィンランドに役立ちたい」と言う方向だけを見据えて生きていきたいと思います。
 
最後に、
私は今まで、『フィンランドに来るといいよ』といろんな人に言ってきましたが、
本日をもってそれを改め、以下のように訂正します。
『フィンランドに来ないで下さい』

これはあくまでも私の独り言です。

皆さんの行動を強制するものではありません。念のため。

広告

圧迫感」への4件のフィードバック

  1. こんにちは とにかく蒸し暑い日本からです
    湿気が多くて 息も吸いにくいです
    だけど人間が自分たちが心地良くなるためだけに
    エアコンをつけることによって 動物や植物が
    更に熱帯化する世界で生きなければならないことが
    辛いです
    おっしゃる通りですね 何のポリシーも持たず 
    見栄ばかりにとらわれ 自分だけ 自分の家族だけが
    よければいい日本人です
    動物や自然にも命があることさえ理解することのできない
    日本人が 自分たちがその国の国民であることに
    誇りを持ち 敬意を払い
    美しい文化や自然と共に生きることを大切にしている
    国に行き 勝手な振る舞いをするのは 恐ろしいとさえ思います そんな人ばかり ではないのもわかっていますが
    本当に日本という国は 人種は 何を間違えてこうなってしまったのかと思います
    私は日本に住む日本人として とても恥ずかしく思います

  2. コメントありがとうございます。
    前回の私の投稿は、かなり腹が立っているときに書いたので、批難されるだろうなと覚悟していたのですが、ご理解いただき嬉しく思っています。
    フィンランドでは他の生き物たちや自然といつも共存共生の精神が根付いています。日本は人間同士でさえ共存共生ではなく、戦い合い、競い合って生きているような気がします。もちろん表面的には仲良しごっこの振りをしていますが・・・
    フィンランドは、ただ当たり前のことを当たり前に行動しているだけで、善人になるためにやっているわけではありません。
    私も間違いなく日本人であるし、息子たちも日本に住んでいるのですから、闇雲に日本を誹謗中傷したいわけではありません。けれど、そのような体質を見るたびに、私の生まれ育った国はどこへ行くのだろうと、哀しくなるのです。

  3. 初めまして★☆
    フィンランドというキーワードでこちらのブログを見つけまして、
    読んでいてとても共感できたことがありましたので
    書き込みさせていただきます!
    私は今24歳なんですが、昨年日本大手の正社員を辞めました。
    どうしても自分に合わないなって思ったからでした。
    周囲からは「この後どうする気?!」と猛烈な質問攻めにあいましたが、
    その後1年でアメリカやヨーロッパを見るようになって、
    「あ、私の居場所はあそこじゃなかったんだな」
    って思うようになっています。
    日本に生まれても、やっぱり仰る「圧迫感」に私も苦しんできたんだ
    なって、このブログを読んで思いましたし、それはやっぱり今でも
    イヤだと思っています。
    ただ、難しい日本語を使える、美意識も多少持ってる日本人の一人として、
    私は自分の国がこれ以上下降の一途をたどるのもこわいな、、とも思っていて……
    それで、最終的に私は教育をもっと机上じゃないものにしたいなって
    思ってまして、それでフィンランドの教育にたどり着きました。
    (というのも、自分が教育されてきた側として、不満だらけ
    だったからです。もっと友達を含めて皆伸びる可能性があったのに、
    公務員の皆様と世知辛い日本の世間というものによって押しつぶされて……
    皆の価値が、言い方を悪くするとつぶされていってる気がして、
    もったいないなって……そう思って育ってきたからでした)
    私、この秋にでもそちらのフィンランドに行ってみようと思ってます!!
    英語がみなさんできるみたいなので、私はガンガン人に話しかける
    タイプですし、絶対楽しいグローバルコミュニケーションが
    できる気がする!って思いまして(*^ ^*)
    海外の人たちは本当にどの国の人たちも人情味に溢れてて、
    アメリカでもヨーロッパでも多くの人の無償の愛に助けられて
    私は旅をしてきたもので(っていうかいわゆる迷惑かけまくりだった
    とは思うんですが……汗)余計に日本人がもったいなく感じます。
    とはいえ、どんなに私一人が頑張っても、きっと日本という国は、
    やっぱりフィンランド程、堅実な路線に立て直せるとは思えませんですが……
    でも、少しでも下降を止められたらなって思います。
    ……なんだか支離滅裂?!になってしまいましてスミマセン。。。
    というわけで、私もangefinさんの日本に対する思いに共感しましたし、
    フィンランドに対する愛には行ってみたいという興味をそそられました♪
    日本人を見捨てるというとつらいですが、でも、自分の人生は一度きりで、
    心の安らぎを海外に求めるのはそんなに悪くもないよね……?
    とこちらを拝見していて思いました。
    年齢を超え、見知らぬところへの一歩を踏み出して日々の
    生活が充実してらっしゃる様子を見て、いろんな意味で尊敬の念を
    抱きましたし、同時に私自身が海外に逃げようとしてる風に周囲から
    思われている気がしていたので、そうじゃないかも、と思えてきて救われました。
    勝手ながら、ありがとうございます!
    これからも、ブログ拝見させていただきます!!
    今後は寒くなると思いますが、お体ご自愛のうえ、楽しく充実した日々をお過ごしください♪
    ではでは、突然で何やらぐちゃぐちゃな書き込みで失礼いたしましたー!!

  4. コメントありがとうございます。
    共感いただいてとても嬉しく思っています。
    パオさんはとても行動力のある方とお見受けしました。若い頃にいろんな体験をし、考える事はとても大切なことだと思います。フィンランドに来られたら学校もぜひ見学されるといいと思います。お願いすれば、とても気持ちよく受け入れてもらえますので。
    何が日本と違うのか。これは簡単には言い表せないほど奥深く、大きなテーマだと思います。
    教育を変えるには日本の社会そのものが根底的に変わらなければならないほどのものです。
    単に、授業のやり方を変えてすむような問題ではありません。だからこそ、その若さと行動力で、見て、感じて、考えてください。
    秋が楽しみですね。
    北のほうまで足を伸ばされるなら、またご連絡ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中