図書カードを get!

 ここ、フィンランドの北の森にもようやく夏がやってきました。
白樺の枝に、新緑の葉が顔を出し、naapri(お向かい)のヤーナさんはもうノースリーブで庭で菜園作りをしています。日没は23:35、日の出は02:55。もう白夜です。
フィンランド人はこの季節が大好きで、嬉しくてたまらないという気持ちが、どの人からもあふれ出しています。
とはいえ、まだわずかながら雪は残っているし、気温も10度を下回る時間もあるのですが・・・
フィンランド語教室は9月のアドバンスコースが始まるまで、お休みです。が、今の間に予習をしておかないと、英語能力がイマイチな私たちにとっては、アドバンスコースについていけないかもしれないという焦りがあります。
先生にアドバンスコースで使う教科書を尋ねたら、教科書は使わずにその時間ごとにプリントを配るということでした。
「それじゃ予習できないーー!!」
ということで、先生が持っていた参考書を手に入れて、それを前もって勉強するしかありません。でもそれは1冊60ユーロ以上で、先生が持っていた3種類全部を手に入れようと思ったらかなりの額になります。
そこで、図書館で借りることを思いつきました。
ただ、ここの図書館は使ったことがなく、ネットで予約するにもまずは図書カードが必要です。どこの図書館でカードを作ってくれるのか、外国人の私たちにもカードは作れるのか、いろいろ不安はあったのですが、とにかく当たって砕けろで、図書館に出向くことにしました。
その前にはもちろん、言いたい事をフィンランド語で言えるように調べて、練習して、なかなか大変なのです。
・・・で、結局、get 出来ました!!
そして、その本は貸し出し中だったので、予約までしてきました。
ここで、注目なのは、なんと、フィンランド語で会話のキャッチボールが出来たのです。
もちろんまだまだぎこちない会話でしたが、英語を一言も使わずに、言いたい事が言え、また、何とか相手の言っていることも理解できました。
それに気をよくして、その後、銀行に行く用事があったのですが、いつもの外国人対応用の窓口ではなく、普通の窓口を選び、フィンランド語を使って通帳に入金を済ますことが出来ました。
私は今年の12月が来れば、60歳を迎えます。
この年で新しい言語を学ぶ事は大変なことですが、喜びもまたその分大きく、どうってことのない一つ一つが、嬉しくてたまらない気分にさせてくれます。

男尊女卑 2

 フィンランド語の勉強のために、「Lung-8」というサイトを利用し始めました。
lung-8とは、

学習中の言語で日記を書くと、その言語を母国語とする人が添削をしてくれる。また、自分の母国語を学習する人の日記を添削することも出来る。


会員数は40万人を超える。約7割のユーザーが日本語以外の言語を母国語としている。
              ーー ウィキペディアより --

数日前、「男尊女卑」について5行くらいフィンランド語で書き、投稿しました。
すると、まずすぐに15歳のフィンランド人の女の子が、添削してきてくれました。
しかも、間違ったところの説明は「英語」で書いてくれていました。やっぱりフィンランドはすごい! (私は英語で添削なんて出来ない)
まだ、15歳なのに、英語は私よりはるかに出来て、その上、日本語まで勉強しようとしているなんて・・・ 恐るべしフィンランド人!!
次に、22歳のフィンランド人の男性が質問をしてきました。
「なにか具体的にフィンランドの男女平等を実感した例はありませんか?」というもので、どうも「フィンランドは男女平等じゃない」というニュアンスを感じましたが、以下のような返信をしました。
ーーーーーーーーーー
フィンランドの男女平等について実感した例の前に、
「男尊女卑」という言葉は知っていますか?
昔から日本には、男は尊ばれ、女は「卑しい」という意味です。
「卑しい」という言葉を辞書で引くと以下のようになります。

1 身分や地位が低い。価値が劣る。
2 品性が劣る。下品だ。
3 低い位に置く。いやしめる。また、へりくだる。

この考え方で生きることが、夫婦円満の秘訣だと言い切る男性がほとんどです。
女性は、男性のために存在しなければならない、ということです。

私は、日本で生まれ、60年近く日本で暮らしてきました。
その間、女性差別による数え切れないほどの苦痛を味わってきました。
実際に、母子家庭(シングルマザー)の平均年収は、200万円/年。
(普通の家庭の平均年収は、500万円/年)
しかも、日本はフィンランドと違い教育にとてもお金がかかります。
また、保育園もまったく不足していて、離婚した女性が子供を育てることは不可能に近いのです。そのために、離婚できない女性もたくさんいます。
ほとんどのシステムが男性を中心に動いています。
フィンランドで暮らし始めて1年半足らずなのですが、フィンランドで家も購入しました。その際も、何も言わなくても共同名義(夫婦二人の持ち物という意味)になりました。銀行の口座名も同じです。
これは日本では考えられないことで、男性名義は当たり前のことです。あえて申し出れば共同名義も可能ですが、そんなことを女性から言い出せば、「財産を狙っているのか」という目で見られてしまいます。
だから、夫婦が離婚するときは、財産のことでトラブルことが非常に多いです。
ただ、まだまだフィンランドでの体験が少ないので、知らないことはいっぱいあると思いますが、少なくとも、日本で味わったような女性蔑視はフィンランドでは感じられません。
あなたがこのような質問をされるという事は、まだまだフィンランドにも女性差別があるということでしょうか? もしそうなら、どんなところで女性が差別されているのか教えてください。
日本ほどではないにしても、女性の収入は男性より低いと聞いたこともあります。
もちろん、フィンランドも完璧ではないはずです。
もっともっと、女性が暮らしやすい社会ができることを心から望んでいます。
ーーーーーーーーー

そしてその後、彼から返信があったのですが、やはり想像したとおり、
男性の立場から「男女平等」ではない、男性が不平等な扱いを受けている、という内容のものでした。
『所変われば品変わる』
まさしく、国が変われば「男女平等」もこんなに違うんだと改めて驚き、
そしてフィンランドはやはり「女たちのフィンランド」だと、嬉しくなりました。

男尊女卑

 久しぶりの投稿です。
家の近くでいろんな鳥たちが来ている姿を見つけることが出来、
道路の雪もすっかりなくなったとはいえ、まだ森の中は50cmくらいの雪が残っています。
昨年の5月8日に撮影した写真を見ると、まったく雪がない森が写っていたので、今年は去年より雪が多かったことを改めて知りました。

さて、このブログにアクセスしてくれている人たちがどんな検索ワードでこのブログにたどり着いたのかを、JUGEMUのアクセスログで知ることが出来ます。
ほとんどは「女たちのフィンランド」が検索ワードなのですが、
その中に珍しく「男を立てることを知らない女」という検索ワードがあったので、
そういう考えの人もたくさんいるのだなぁと、私もそのワードを検索していろいろ見ていたら、ある有名な武道家が書いているブログにいきました。
その人に言わせると「男尊女卑は夫婦がうまくやっていくコツ」、なのだそうです。
『男尊女卑』
文字のごとく、男は尊ばれ、女は卑しいという意味。
『卑』という漢字を辞書で引くと、

身分や地位が低い。価値が劣る。
品性が劣る。下品だ。
低い位に置く。いやしめる。また、へりくだる。
自分のことをへりくだっていう語。
土地が低い。
    (goo辞書より引用)

女は卑しく、下品で、価値が劣る存在だということです。
一人目の夫が良く口にした言葉は、「男を立てろ」でした。
二人目の夫は、直接その言葉は使いませんでしたが、夫を立てていないと不機嫌になりました。
男性女性に関係なく、尊敬するのは強制されるものではなく、尊敬に値するところがあるから尊敬するのです。
そんな事は当たり前すぎて、わざわざ説明するのもおかしなことですよね。
でも、日本の男性の多くは、女が男を立ててくれないと
「存在価値がないよー」
「無視されたよー」
「尊敬しろよー」・・・と、ほざくのです。

「女を卑しく、下品で地位が低い」と思っている男を、どうして女が尊敬できるのでしょう。
「うまく、口先だけでも男を立ててくれればいい」とそのブログの人は言うけれど、
そんなことで満足するのでしょうか?
うまく男を操って、男にお金を稼がせる女がいいのでしょうか?
「男を立てる」ということが女性の必須条件だという概念は、現在の日本でも堂々とまかり通っています。
女に立ててもらわないと、自分の存在価値がわからない男性って、どうなのでしょう??
男を立てろという男性に限って、心が狭く、人間的にも劣っているように見えてしまうのは、私だけでしょうか・・・

フィンランドでは、まず「男を立てる」という概念はないと思います。
完全に平等の立場にいる夫婦は、見ていて気持ちが良く、本当の意味で仲がいいとわかります。一緒にいることが楽しくて仕方がないという感じです。
日本の男性も、いつまでもくだらないことにこだわっていないで、自分自身を人間的に磨くことにエネルギーをかけることが、誰からも尊敬される早道なのではないかと思ってしまう私のような女は、きっと日本では「男性に嫌われる女NO.1」なのでしょう。

ちなみに現在の私の夫は、男女平等を是とする考えの持ち主で、
「男を立てろ」なんていう考えは諸悪の根源だと思っている人です。そしてそういう夫を私は心から尊敬しています。