春の雪

 昨日は、快晴。
空はぬけるように青く、気温はぐんぐん上がり陽のあたる場所ではなんと15度。
屋根の上に積もった50cmほどの雪が徐々にずり落ち始め、ドドーンと言う地響きとともに、ブロックのように固まった雪が落ちてきます。
みるみる落ちた雪は、部屋の窓の半分くらいまでの高さに達しました。
3月25日にはウィンタータイムからサマータイムに切り替わります。
(今日の日の出は6時29分、日没は18時27分)
今日は昨日と一転して、朝から雪が降っています。でも気温は0度。もう春の雪です。
去年の冬は、オウルのマンションで過ごしていたので、暖房は、マンション全体にお湯が回り、いつも室温は20度前後に保たれているうえに、費用は家賃の中に含まれているので、まったく心配することなく過ごすことができました。雪が積もっても、頻繁に除雪車が来てくれて、車道も歩道もまったく普段と変わりなく使えるようになっていました。
だから、マイナス30度になっても室温は日本で過ごすより暖かで、快適でした。
けれど、何もかも自分たちでしなければならない森の家で過ごす初めての冬は、不安がいっぱいでした。
もちろん暖房は薪の暖炉で、シャワーや洗面所、台所のお湯を使うための沸かし器まで、薪で温める仕組みになっています。
冬のために、夫は夏の間ほとんど毎日、森に入り倒木を運び、チェーンソーで切り、斧で割り・・・という作業をし続けました。
でも、ひと冬にどれくらいの薪が必要なのか、マイナス20度から30度という極寒の中で暖炉だけで本当に暖かくなるのだろうか・・・
また、除雪はどこまでされるのかもわからないし、買い物やフィンランド語教室に出かけられるのかも心配でした。
けれど結局、水道管が破裂することもなく、準備した薪も十分足りて、来年の分もありそうなくらいです。暖炉の威力もすごくて一日5時間くらい焚くだけで、あとは分厚い壁に蓄熱される仕組みで、いつも室温は20度くらいに保たれます。
除雪も、場所によって国がするところ、街がするところ、地域がするところと、うまく役割分担がなされていて、いつ出かけても雪で困った事は一度もありませんでした。
そして、ようやくこの長い冬も終わりに近づき、春がもうすぐそこまでやってきています。
ひと冬が無事に過ごせた安堵感の一方で、大好きな冬が終わってしまうのが淋しい気もします。

昨日の私の部屋の窓からの写真です。屋根の雪が落ちて、窓が半分隠れてしまいました。
20120317_2398510

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中