フィンランドの靴下

20120121_2332898
今、編み物に凝っています。
編み方を長年親しんだアメリカ式から、フランス式に変えることを挑戦してから、また編み物への好奇心が掻きたてられて、毎日午後3時ごろから夜まで編み物にふけっています。
ネットで見つけたのがこれ。
http://www.geocities.co.jp/PowderRoom/5821/godzillasocks.html
この靴下はフィンランドのキルップトリ(フリマのようなもの)で良く見かけるのですが、編み方が判らないでいたのですが、フィンランドに住む日本女性が、懇切丁寧にネットに掲載してくれていたおかげで、編むことが出来ました。
フィンランドではやはり編み物は定着していて、小さなスーパーマーケットでも、毛糸を買うことができます。日本では毛糸のセーターよりフリース製品のほうがはるかに多いですが、フィンランドでは毛糸のセーターや靴下が主流で、フリース製品はほんの少ししかありません。
…で、靴下に話を戻しますが、この靴下は前方のレース模様のおかげで足首にたるみが出ず、かかとの部分だけは2重編みのようになっていて丈夫で暖かです。
フィンランドで古くから伝わっている靴下のようです。
そもそもフィンランドには、どんなものも商品の種類は非常に少ないです。
日本のようにあれでもかこれでもか、というような新製品はほとんどありません。
文房具も台所用品も同じ形ばかりで、目先の変わったものは存在していません。(なんとB5用紙もないのです)それに値段は高いです。
そういうときに思い浮かぶのは「日本の百均」。
さまざまなサイズのざるつきボール、クリアファイル、手帳・・・ 日本じゃ何でも100円であったよねぇ・・・
でも、この百均って、こんなに品物豊富に何でも100円でそろうようになったのは、そんなに歴史の古いことではないんですよね。なのに、私たちはそれにすっかり馴染んでいて、「ダメなら捨てればいい。どうせ100円なんだから」という消費の文化をすっかり受け入れてしまっています。ノートひとつとってみても、ちょっと書いただけで、また違うデザインのノートを見ると欲しくなって次から次へと買って、無駄に放ってあるのが、どれだけあったかしれません。
フィンランドに来て、種類の少なさに始めは戸惑いましたが、一つ一つを良く考えて買い、ひとつのものを大切に最後まで使う習慣がだんだんついて来ているように思います。
知らず知らずに「あたりまえ」になってきている事柄を、見直してみるのも必要かもしれません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中