お客様は神様です

 先日、夫がフィンランドの自動車免許を取得するために、現在持っている日本の免許証を英語に翻訳したものが必要になり、在フィンランド日本大使館に問い合わせのメールを出したところ、すぐに返答の電話がかかってきました。
私たちはフィンランド語はもちろん、英語もいまいちな状態なので、ほとんど電話はかかってきません。宅配が郵便局に届いたとか、頼んでおいた工具の修理ができたとかの通知は、できる限りテキストメッセージ(フィンランドでは携帯電話用のメールのようなもの)でお願いしています。
と、いうわけで、携帯の電話のベルが鳴るとびっくりすると同時に、またフィンランド語がぺらぺらと聞こえてきたらどうしようかなぁと、電話に出るのを躊躇してしまいます。
でも、仕方がないので出てみると、久しぶりの日本語が聞こえてきました。
「○○様でいらっしゃいますか。こちら在フィンランド日本大使館の△△と申しますが、ただ今、メールでお問い合わせをいただきまして、そのお返事にと電話を差し上げているのですが、お忙しいところ申し訳ございません。ご主人様はご在宅でいらっしゃいますか・・・」と本当に驚くほど丁寧で、
日本大使館と一国民の関係が売り手と買い手の関係ではないけれど、なぜかお客様扱いの対応に、ああ、日本の臭いだと思ってしまいました。
日本語の勉強のために日本に来ていたフィンランド人が、「どうしてお店の人はお客に敬語を使うのですか?」と言っていたのを思い出します。そのときは私も日本にいて日本の「お客様」という意識については異常だとは感じてはいたけれど、敬語を使っているというところにまだ焦点を当てていませんでした。でもよく考えてみれば、丁寧語で十分のはずです。敬語にする必要はありません。
そのフィンランド人に指摘されるまで、気がつかなかったということは、私もお客の立場のときは、知らず知らず横柄な態度をとっていたのだと思います。
「儲けさせてやっているのに、その態度はなんだ!」と露骨に怒っている人を見たこともあります。
『儲けさせてやっている』というご主人様的意識。
『儲けさせていただいておりますので、何なりとお申し付けください』という奴隷的意識。
ただ、この立場は生活の中でどちらも経験します。
日本人の場合働いている時間が長いので、奴隷的意識にならなければならない時間が、圧倒的に多いでしょう。人間誰しも隷従することは、いい気分ではありません。無茶なことを言う相手にさえ、謝ってご機嫌をとらなければならないのですから、ストレスのかたまりになってしまいます。今度は自分がお客の立場になったときは、そのストレスを晴らしたくなるのも無理からぬことです。
二度目の夫が借金癖が直らず、私も家計の足しにと洋服の寸法直しの内職をしていた時期があります。
直した寸法が合っていないと子供服の店から苦情が入り、私がそれの対応に出向いたときのことです。その店は有名ブランドの商品を扱う店で、私も一度子供服を買いに行ったことがある店でした。私が店に入って寸法直しの件で来たとわかったとたん、顔の表情はがらりと変わりました。
こちらが「寸法直し」という品の売り手で、あちらが「買い手」のお客様なのです。結局寸法を書き間違ったのはあちらで、私に何の責任もなかったわけですが、「買い手」の傲慢な姿勢は最後まで続き、非常に気分が悪かったのを、今でも覚えています。
以前に私が子供服を買いに行ったときに対応した人と同じ人だったのです(もちろん相手は私のことを覚えていませんでした)が、同じ人が、立場が変わるだけで、これほどの豹変をするのかと、その頃の自分の境遇の惨めさも加わり、その内職はそのことを機会にやめることにしました。

フィンランドでは、どのような場面でもお客様相手にへりくだった対応と言うのは、全くありません。一見無愛想に見えるけれど、どの人たちも本当に優しく親切です。
売り手と買い手に上下関係はありません。対等の関係が成り立っています。
だから、フィンランド人には本当の意味の優しさを感じますが、日本でどんなに歯の浮くようなお愛想を言われても、「儲けるため」が見え見えで、優しさを感じたことはありません。
これは当たり前のことだと思いますが、いつから日本はこの上下関係に疑問も持たなくなってしまったのでしょうか。

「お客様は神様です」と言った歌手のせいだけではないと思うのですが・・・
フィンランドで暮らし始めてはや10ヶ月。
日本で当たり前であったことが、奇妙に見えて仕方がない自分の変化を感じます。

広告

お客様は神様です」への1件のフィードバック

  1. はじめまして。岩手県在住のasuといいます*
    北欧の暮らしに秘かに憧れて、25歳までには(現在23です)1人で旅行するぞ!と意気込み検索してみたところこちらのブログに辿り着きました。"お客様は神様です"の記事、ズキンとしました。私は接客業をしており、心にも思っていない言葉を毎日あたりまえの様に口にしている日々を送っているからです。それにこれが日本人特有の..なんて考えたこともなかったのです。むしろ、他の国の接客がとてもじゃないけどお客様第一じゃないじゃないか!やっぱり日本の接客って素晴らしい!とばかり思っていたけど..とんでもないですね。(心のこもった接客をされている方ももちろんいらっしゃいますが(-.-;)少なくとも私は、二番目のレジの方への「お次のお客様、大変お待たせいたしました~!」なんて、こっちは忙しいの!これでも頑張って急いだのよ!と心で何度愚痴を言ったことか。いくら丁寧に聞こえても、心では逆の事を思っていては..なんだか恥ずかしくなりました。投稿者様は私と年が近くではないですが、投稿者様と、私の母と兄の記憶が重なり(とてもワガママでお金の管理が全くできない母に仕事をしないで家に隠るかギャンブルばかりの兄..仕事一筋で私の尊敬している校長先生の父)
    誰かのブログにコメントを書くなんてしたこともなかった私ですが、思いきって書いてみました。
    記事を始めから読んでみて、未熟ながらもひとつひとつ深く考えてじぶんのことを初めてゆっくり振り返りながら将来のことを考えることができました。"みてみたい!話してみたい!自分でやってみたい!"そして夢ばかりみてる毎日を変えたい!と強く思いました。長々と書いてしまいましたが、、今まで能天気に暮らしていた私にいろいろと考えるきっかけをくださったこと感謝しています。あしたから早速英語を勉強しようかな..*フィンランドの素敵な暮らし、これからも聞かせてください!たのしみにしています(*^^)最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中