重荷の正体3

しばらく投稿していなかったのに、
なぜか昨日はずいぶん、アクセスがあったようです。
前回の続きですが、「なさぬ仲」の間に入って、悪戦苦闘の日々が私にとっては一番つらい時期でしたが、当時の私としては「子供のためにやっている」という思いでやっているのだと信じて疑いませんでした。だから、こんなにやっているのにどうしてうまくいかないのかという恨みがましい思いを子供にもパートナーにも発していたのだと思います。
でも、結局、今考えてみれば、それは「子供のため」ではなかったと、確信できます。
ここで大きく影響するのが、それぞれの人が知らない間に信じ込んでしまっている『概念』と言うものです。
それは、一番の影響は母親からきているものですが、家族や世間からも刷り込まれています。
もちろん何気なく見ているテレビからも、今、吸っている空気からも・・・
そしてその内容は、個人の体験や記憶はもちろんのこと、その国の歴史や、民族の風習からも
影響を受けているもののようです。輪廻転生があるとすれば、過去生のトラウマも含まれていることでしょう。
日本とは7500kmも離れている、フィンランドでは離婚についても、再婚についても、なさぬ仲についても、確かに日本とは全く違う『概念』が存在しています。
この国にはこの国独特の歴史があり、その中から獲得した生き方や知恵が、現在のフィンランドを構成している要素です。
離婚が多いということは、当然なさぬ仲も多いわけですが、私が背負ってきたような重荷をこの国の人たちは感じていないように思えるのです。
家族構成もさまざまで、まだまだ言葉が通じない私にとっては、どういう関係なんだろうと頭の中が「?」マークになることもたびたびです。でも、国が違っても同じ人間同士。
ではこれはこうあるべきだとか、正しいとか間違っているとかと言う『概念』の正体はなんなんだと言うことになります。
そこで私が出した結論は、私の重荷は私の概念が作り出した『幻』だったということです。
でも、この無意識というものの中には、自分でも気がつかないやっかいな『概念』が存在しているのです。気がついているものも厄介ですが、気がついていないものは手のつけようがないので、もっともっとやっかいです。
私の中にも、まだまだ表面意識に現れない、根拠のない『概念』がたくさんあるのでしょう。それが苦しみの正体なのではないかと、感じ始めているこのごろです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中