”せねばならぬ”の荷物 3

 前回からご無沙汰してしまいました。
あれから、いろんな気づきがあって、何を書くかまとまりがつきませんでした。
前に書いたように私はいつも「正しく」生きてきたつもりでした。
男なんかに負けてたまるかと、気負って生きてきました。
この負けず嫌いの性格が、私にとってはかなりの問題だったようです。
『気負う』と言う言葉を調べてみると、《「競(きお)う」から派生した語》(デジタル大辞泉より)と、ありました。
競っている、戦っているんですよね。
振り返ってみると、あらゆる場面で私のこの「負けず嫌い」が私を支えてきたエネルギーの根源であったことも間違いのない事実です。
けれど、競っていて、戦っていて、平和が来るはずがありません。
戦う⇒周りは敵だ⇒周りは信頼できない

フィンランドは、「競争」と言う概念を排除した国です。
すべてが「信頼」で成り立っています。
日本人の私たちから見れば、スーパーマーケットでも、トラム(路面電車)でもごまかせるところだらけです。列車の駅も、改札口がありません。
スーパーマーケットで売っている野菜や果物、菓子パンなどは量り売りです。
たとえば、きゅうりを買う場合、1kgあたりの値段と番号が書いてあります。
自分で欲しい分だけを袋に入れて(1本でもOK)、秤にかけ、表示されていた番号のボタンを押します。するとその値段が表示されたバーコードのシールが出てきるので、そのシールを貼って、レジで清算します。
ここで、1kgあたりの値段が安い番号を押すことも可能です。
また、秤に乗せるときは1本入れてバーコードシールを出し、その後で袋にたくさんのきゅうりを入れれば、きゅうり1本の値段で、3本でも5本でも買えるわけです。
もちろん、ごまかしている人もいるとは思うのですが、ごまかさない人が大多数だからこそ成り立っているシステムです。

このようなシステムで動いている国を知ったとき、私は感動しました。
けれど、自分の中に「戦いモード」があることに気づいたのはつい先日なのです。
ただ、こういうことに気づいたとき、いつもの私の癖で、「私は今まで戦ってきたのだ。
これは間違っている。だから戦ってはいけない。平和であらねばならない」と進んでしまうと、また「してはならない」「せねばならぬ」の荷物が増えるわけです。
そして、問題の「戦いモード」は、私の心の奥深くに押さえ込まれただけで決して消えはしないのです。消えないだけではなく、押し込められた想いは、表面意識のスキを見ては、表に出ようとたくらみます。
こうして、自分の中で戦いが始まります。

ではいったい、私たちはどうすればいいのでしょう?!

続く

==========================================

私の歴史を書いた本が出版されました。
私たちはなぜ生まれ、何を学びそしてどこへ帰るのか。

人間のこの永遠のテーマを、私自身の実際の人生を通して、

ルンとともにファンタジックに描きます。


ルン


ぜひ一度ご購読ください。
以下のURLで立ち読みができます。
https://bookway.jp/modules/zox/index.php?main_page=product_info&products_id=204

==========================================

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中