いざ、出発!!

 夜明け前に、家の近くのJR駅まで夫に送ってもらう。
関空行きの電車に乗り込むなり、スーツケースをこかしてしまう。
ハラハラドキドキの旅が始まった。
日程は、ヘルシンキのユースホステルに2泊、
長距離バスにてトゥルクへ行き、トゥルクのユースホステルに5泊、
再びバスでヘルシンキに戻り、高速艇でバルト海を渡りエストニアへ。
エストニアに2泊して、最後にヘルシンキで3泊。
合計12泊13日の旅だ。

案の定、文章では書ききれないほどのハプニングの連続だった。
ユースの2段ベッドのハシゴが登れなかったり、
バス乗り場がわからなかったり、
トゥルクで熱を出し、ユースホステルを急遽キャンセルし、3泊ホテルで寝込んだり、
エストニア行きの高速艇がキャンセルになり、違うフェリーに乗ることになったが、
その意味を理解するのに30分以上かかったり、
エストニアからヘルシンキに帰る船が連続キャンセルになり、
あわや日本に帰れなくなるかもと言う危機に遭遇し、
全部日本語でまくし立てたり、
雨に濡れながら、泣き出したい気持ちでエストニアの港とホテルを3度も往復したことも・・・

でもこの体験があったからこそ、私は今こうして、夢に見たフィンランドの森で暮らしています。
あの時テレビで見たフィンランドの首相の言葉は、わたし達の運命の道を示すサインだったと、今は確信しています。
「やりたい!」「やってみたい!」と心が叫んだら、それは運命のサインだと言う証拠です。それを実行することは、ほとんどの場合、相当な勇気が要ります。
私にとっての海外一人旅は、まさしく清水の舞台から飛び降りるほどの、勇気が必要でした。
その観点から見れば、私の人生は「勇気をふるう」ことの連続でした。
現状の矛盾や理不尽に気づきながら、見ないふりをしたり、自分自身の不甲斐なさを「我慢・忍耐」と言う言葉に摩り替えたりして、現状維持をすることは、ある意味簡単です。
私の離婚も海外移住も、同じ種類の勇気が必要でした。
人生には、適材適所に運命を示すサインが必ずあります。
それを見逃さないことが、自分らしく生きることにつながると、わたしは思うのですが…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中