私が初めてフィンランドに来たワケ

それは、今から5年前の出来事です。
ある日の午後、『チチンプイプイ』という関西系のワイドショーを、なんとなく見ていました。当時、Pisaの学力判定で、競争することを辞めたフィンランドが一位になったということで、フィンランド特集が組まれていました。
その日も番組のメイン司会者がレポーターとして、実際にフィンランドに行き、取材をしている風景が映し出されていました。「歓楽街がない」とか、「華やかな観光施設がない」とか、地味な国というイメージが前面に押し出されたないようでした。スタジオでそれを見ている他の出演者たちは、口々に「いい国だと思うけれど、退屈そう…」という意見を言っていたのを覚えています。
でも、
そして最後の取材でフィンランドの首相に直接インタビューがあり、
「フィンランドは確かに学力一位になりましたが、離婚率も高いですよね」という、フィンランドを非難するようなにおいをこめた質問をしました。
その質問にその首相が答えた言葉が、私の人生を大きく変えるきっかけとなったのです。
なんと、彼は「心が離れた二人が一緒にいることのほうが不幸でしょ」と言ったのです。
一国の首相が、しかもそのようなことに全く理解がないと思っていた50から60代の男性が、そう言い切ったのです。
私は身体の中に電流が走るほどの感動を受けました。
「すごい!! こんなすばらしいことが言える首相がいる国を見てみたい」
わたしは、隣の部屋で書き物をしていた夫に、そう言いました。
と言っても、本当に行くつもりは、なかったと思います。
なぜなら、夫は『南の島、推奨派』で、文明の発達したところで人間らしく生きられる場所はないと、常日頃から言っていましたので、まず夫は行くわけはないと思っていました。もちろん英語が全く苦手で、運動神経が鈍く、一人で大きなスーツケースを持って下りのエレベーターに乗れないと言う私が一人で海外に行けるわけがないと思っていたからです。
ところが「見てくるといいよ」という、夫の返事。
「一緒に行ってくれるの?」
「違うよ。一人で行けばいいよ」
「・・・・・・」
心の中では「この私が?」「一人で?」「フィンランドに?」
でも、わたしたち夫婦の間には、いつの頃からか「ある決まりごと」が生まれました。
それは、「自分の成長のために役に立つことだとわかっていても、勇気がないばっかりにあきらめてしまうのは、一番恥ずかしいこと」と言う見方です。
私は確かに「行きたい」、「見てみたい」と思ったのです。
それを一人で行くのはコワいからあきらめると言うことは、口が裂けてもいえないことなのです。
その日から、とろくて、鈍くて、英語力ゼロである私の、フィンランド一人旅に向けての準備が始まったのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中